詳しい情報

整体院の健康保険の取り扱いについて

更新日:

時々、お電話で保険が使えるのかと質問されることがあるので説明したいと思います。

整体と健康保険についてです。

整体では健康保険が使えません

整体院は医療機関ではないので、健康保険を利用することができません。

普段の腰痛や肩こりといった慢性的な症状に対する施術や、身体のゆがみを整える内容、骨盤矯正といったもの全てが保険適用外とされています。

ですから、整体院に行く際には保険証を準備する必要はありません。

料金については、各整体院で定められた金額になりますので、予約をする前にしっかりと確認するようにしましょう。

いわゆる街の激安マッサージ屋さん(リラクゼーション店)とは違い、整体の価格設定は高いと感じるかもしれませんが、

病院で解決できなかった痛みやしびれを取り除いたりする知識を持ち合わせているのが整体師です。

(整体院によって差はあります)

その時の体の不調内容から、どこを選択するのか考えるとよいでしょう。

いくら安い(保険が使える)からといって身体の不調がよくならないのであれば意味がありませんから。

保険が使えるのは?

身体の不調を感じたときには、まず、病院を思い浮かべる人は多いはずです。

急に腰が痛くなった場合には整形外科でレントゲンやMRIといった検査をして、骨や組織に異常がないかを調べます。

痛み止めの薬や湿布も医療保険の対象となります。

原因がはっきりして、その後リハビリが必要になる場合も同じです。

腰の痛みの原因にも色々ありますが、癌や骨折といった場合は整体の範ちゅう外となります。

身体を動かさなくても痛みを感じる場合には病院の受診をおすすめします。

病院の検査で何も異常がなければ整体院をご利用ください。

また、骨折・不全骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷による急性の怪我のみ、整骨院・接骨院でも健康保険を利用することができます。

上記の内容以外の不調では利用することができないので、単なる肩こりや慢性の腰痛といった不調内容は対象外となります。

マッサージを受けるために健康保険を利用するのは禁止されているので注意しなければなりません。

(近年は保険の不正請求の取締りが厳しくなり逮捕される経営者も)

整骨院経営者の中には保険診療を取りやめ、自費による整体業務に取り組むケースが増えつつあります。

整骨院が整体院化してきており、それぞれの違いがわかりづらくなっているのも確かです。

予約の前にはしっかりとそれぞれの院のサイト内容をご確認ください。

まとめ

整体は保険適用外となります。

慢性的なこりや痛み、しびれといった症状の改善には整体院、

急性の怪我では健康保険が使える整骨院、

骨や内臓などの検査を必要とする場合には病院に行くというように身体の状態によって上手に使い分けるとよいでしょう。

-詳しい情報

Copyright© 沖縄県那覇市・浦添市近郊のおすすめ整体|操和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.